扉が開かないオンボロアパート!部屋に入るのに苦戦!

ある日、普通に職場から帰宅し部屋のカギを開けました。
んっ?開かない・・・
もう一度試しましたが何故か開かないんです。
dorobouなぜ?なぜ自分の家に入れない???
まさか、まさか誰か中にいる?
泥棒?などと妄想をした途端イヤ~な汗がタラーッ(-_-)

スポンサーリンク

でも待てよ。
ここは風呂無しトイレ共同のオンボロアパート。
メリットは部屋の日当たりと大家さんの人柄くらい。
泥棒もバカじゃないから、わざわざこの部屋を狙いませんよね。貧乏自慢のスタートです!

と冷静に考え、扉をガタガタッと揺すってみたんです。
すると開くじゃないですか!

なぁんだ、理由は立て付けの悪さかぁと一安心。

それから数日後、また同じ現象が起きました。
ふふっ、任せなさい。開けてみせるぞ。

前回のように扉を揺すってみました。
んっ?んっ?んっ?

何度揺すっても開かない・・・
またイヤ~な汗がタラーッ(-_-)
むなしく汗を拭く20分くらい扉と戦い、あきらめました。
大家さんの元へ行って事情を説明。
すると大家さんが部屋に来てくれて扉開けに参戦。

ところが結果は何も変わらず・・・
しばらく2人で悩んでいました。open_close_windowすると大家さんが良いアイディアを思いついた様子。
「ねぇ、窓のカギは開いてる?」と聞かれました。

季節は夏。
クーラーのない部屋なのでいつも窓を開けたまま出掛けていました。

「開いてます」
そう答えると、隣の部屋へ連れて行かれました。
隣は空き部屋。

窓は大きく、隣の窓と非常に近いのです。
しかも窓には植木鉢を置けるくらいの枠がついています。

大家さんが何をやらせようとしているのか分かりました。
窓から部屋に入れるかチャレンジ!cloth_skirtちなみに部屋は3階。その日私が着ていたのはスカート。
でも、ためらってる場合ではありません。

私はスパイダーマンのごとく窓から窓へ渡りました。
そして意外と簡単に部屋に入れました!

ただいま~ですよ、ただいま~!

部屋の中からだと扉もスムーズに開きました。
大家さんもビッグスマイル。

それからも窓からの出入りは何度か続きました。
段々と立て付けの悪い扉にも慣れ、開けるコツをマスター。
やがて毎日きちんと玄関から家に入れるようになりました。

このアパートのおかげで環境適応力が高まったように思います。
貧乏生活、学ぶことが大きかったですよ(^_^)

スポンサーリンク